アルバイト雇用・転職のことなら 『 アルバイト雇用の Go for workers! 』 へ


ホーム>職場でのトラブル

職場でのトラブル

セクシャルハラスメントの定義


一般的にセクハラとは、「相手方の意に反した性的な言動を言い、それに対する対応により、仕事を遂行する上で一定の不利益を与えたり、就業環境を悪化させる事」です。男女雇用機会均等法で「職場において行われる性的な言動に対するその雇用する女性労働者の対応により、当該女性労働者がその労働条件につき不利益を受け、または当該性的な言動により当該女性労働者にの就業環境が害される事」(第21条)としています。



トップに戻る




セクシャルハラスメント(セクハラ)の分類


セクシャルハラスメントは、大きく分けて次の2つのタイプに分かれます。 一つは『対価型』といわれるものです。いわゆる「セクハラ行為」を女性労働者が拒否したことなどを理由に、その女性労働者を解雇する、または降格や配置転換などの不利益な取り扱いをするというものです。

もうひとつは『環境型』といわれるもので、解雇や降格等などはっきりした経済的な不利益は伴わなくとも「セクハラ行為」が発生したことが原因で職務の円滑な遂行を妨げるなど、就業環境を害するというものです。


トップに戻る




セクシャルハラスメント(セクハラ)の原因


①性的な固定観念の押しつけなど(パートナー意識の欠如になります)
②職場への性的関心の持ち込み等。
③プライバシーへの過干渉など。
④性的言動に対する意識差など。
⑤企業の雇用管理のあり方等。

 など、これらがセクシャルハラスメントの原因として挙げられる項目です。

トップに戻る




セクシャルハラスメント(セクハラ)の防止


職場の中でのセクシャルハラスメントは、職場の内外において行われる他のものを不快にさせる性的な言動のことを言います。「性的な言動」をどのように受け止めるかは、個人間、またあるいは男女間で差にあります。しかし、原則的には受け止めた本人がセクシャルハラスメントであると判断すれば、その言動はセクシャルハラスメントにあたります。

事業主は、職場においてセクシャルハラスメントが起きないよう、雇用管理上必要な配慮をしなければならなりません。また労働者側も、不快な場合はハッキリと意思表示をして、いざ問題が起こった時に、職場内で相談したり、協力できる人間関係を築いておくことが必要でしょう。

トップに戻る




c 2008 アルバイト雇用の Go for workers! all rights reserved.